2017冬こそ食べたい♪幻の“間人ガニ”を食べに京都・丹後半島へ

トレンド 2017.11.30

間人ガニが幻と言われる理由

冬の定番カニが美味しい季節♪

寒い冬になると、温泉&カニ旅行に行きたくなりませんか?
冬の旨いモノの定番!どこにカニを食べにいこう?なんて迷ったら、今年こそ幻の間人(たいざ)ガニにしてみては?
今回は、幻と言われる間人ガニをご紹介します!

 

目次

①間人ガニが幻と言われる理由って?

②本当に旨い!間人ガニの美味しい食べ方

③人気の旅館は早めの予約が必須!

① 間人ガニが幻と言われる理由って?

京都府の丹後半島にある間人港で水揚げされた松葉ガニが、間人ガニと呼ばれることはご存じの方も多いですよね。

この間人ガニは幻のブランドガニとして有名です。
その理由は2つ!

①水揚げされる量が限られている!
間人港は小型の底引き網船が4隻だけの小さな漁港。そもそも小さい漁港の上、船も小型だから天候の悪い日には漁に出ることができず、水揚げされるカニの量も限られているからなかなか出回らないんです。

②鮮度が高いまま水揚げできる!
網をカニの漁場に近く、日帰り漁ができるからこそ、カニの鮮度や肉質が落ちることなく水揚げができるんです。
さらに、せり市の前に地元の漁師が約50もの段階に細かくチェックするため品質が高く、最高級と言われる所以なんです。

 

② 本当に旨い!間人ガニの美味しい食べ方

①茹で
やはり王道の「茹で」は外せません!ほのかな甘みも楽しみながら、プリッとした茹でたての間人ガニはぜひ味わってほしい食べ方ですね。

②刺し
鮮度がいいからこそ、刺しも味わっておきたいトコロ♪火を通した時のカニとの違いも楽しんで!

③蒸し
カニの旨みをぎゅっと凝縮できる蒸しも食べておきたいですね!カニ味噌と絡めて食べるのもおすすめです♪

 

③ 人気の旅館は早めの予約が必須!

毎年冬になると、間人ガニが食べられる人気の旅館は予約でいっぱいです!
早めに予約を入れて、ぜひ足を運んでみてくださいね。

間人ガニが食べられる旅館の予約は「じゃらん」で検索!

Click here>>>間人ガニが食べられる旅館の予約は「じゃらん」で検索!

 


mootto編集部