実は着物はエコファッション?!ここまで使える!着物のリユース法

ライフスタイル 2018.02.05

海外セレブも注目!エコファッションって?

着物リユース法

今、スローライフやエコな暮らしを好む人はたくさんいますよね。
ファッションでもエコファッションが注目されています。

エコファッションとは、素材や工程など環境に配慮されているか、もしくは捨てずにリサイクルしたものなどのこと。
海外セレブやハイブランドからも、エコアイテムが発売されています。

着物はここまで使える!昔のエコライフ

着物をリユースして作った小物

着物を当たり前に着ていた時代、着物は何度もリメイクされてきました。
着物として着なくなった後は、仕立て直して子供の着物や身の回りの小物に。
それが古くなれば、さらに端切れなどにして、お手玉やふきん、赤ちゃんのおしめなどにして、最後まで使い切っていました。

ここまで使い切ることのできるファッションって、なかなかありません!

“タンスのこやし”はもったいない!

母や祖母の着物がタンスにあるけど、使っていない…なんて、もったいない!
特に昔誂えた着物は、質の良いものが多いんです。

たくさんあっても着る機会がない場合は、コレ!というものだけ手元に残して、他はリサイクルしたり、バッグやアクセサリーなどにリメイクしてみてもいいかもしれません。
「昔おばあちゃんがよく着てた」なんて思い出のある着物や帯を、別の形でリユースすれば喜ばれますよ。


中野玲子

山野流 皆伝講師、一般財団法人 国際美容協会 関西支部 専任講師、全国大会コンテスト審査委員 奥伝査定員、着付け集団 中野組グループ代表。
講師歴33年の実績を持ち、「お客様に綺麗で早く楽な着付け」を心がけ、中野組グループでの毎年200名以上の成人式の着付けや四季折々のお客様への着付けを行う。またプロの着付師育成や美容学校での講師など、人材育成にも力を入れている。