秋冬の乾燥対策にも!ぷるるん美肌になる豆乳鍋の簡単レシピ

フード 2017.10.06

大豆プラス野菜たっぷり鍋でぷるるん美肌に♪

もう10月に入って、すっかり秋ですね。
朝晩も上着が必要なくらいになってくると、そろそろ夜ごはんに温かいお鍋もいいかも!なんて思いませんか?

今やお鍋の種類はバリエーション豊富にありますが、その中でも特に美容に効果的なのが豆乳鍋!
大豆の美肌効果は知っているけど、毎日大豆ばかり食べるのは難しいですよね。そんな時は、お鍋にしてみてください。お鍋は野菜もたくさん食べられるから、とダブルの効果でキレイに♪
今回は美味しく美肌効果も期待できる豆乳鍋レシピをご紹介します。

時短にもおすすめ♪カンタン豆乳鍋のレシピ

豆乳鍋に使う豆乳

材料

・豆乳(成分無調整)
・ほうれん草
・鮭(豚肉か牡蠣でもOK)
・野菜各種(今回は、にんじんとしいたけを使用)

レシピ

豆乳が煮立ったら、食べやすくカットした具材を入れて火が通ればOK!

豆乳鍋ひとつで美容効果がいっぱい♪

豆乳鍋で美肌の女性

・豆乳(成分無調整)
大豆イソフラボンが、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをして、体内のコラーゲンを増やし、肌のキメが細かくなる効果が期待できます。
また、リノール酸が皮膚のバリア機能を保ち、肌の保湿や老化防止などにも!

・ほうれん草
ほうれん草は、ビタミン含有量では緑黄色野菜の中でもトップクラス。
老化防止のβ-カロテン、アンチエイジングや美肌効果のあるビタミンCやビタミンE、鉄分、葉酸などが含まれており、野菜の中でも高い栄養素を持っています。貧血の予防や改善効果は言うに及ばずですね。

・鮭(豚肉か牡蠣でもOK)
アスタキサンチンには抗酸化作用があり、シミの原因となる色素沈着やメラニンの生成を抑制してくれます。また、鮭の皮にはコラーゲンが含まれているため、皮はつけたまま使うのがおすすめ。
鮭の代わりに豚肉か、冬の季節には牡蠣を入れてもOK。どちらもビタミンBを含む食品で、美肌効果が期待できます。

・にんじん
β-カロテンが多く含まれている上、風邪の予防にもいいと言われています。季節の変わり目で体調を崩しやすい秋にはおすすめの食材。ピーラーで薄くスライスすればお鍋の具材としても食べやすくなりますよ。

・しいたけ
腸のお掃除役とも言われる不溶性食物繊維が豊富なしいたけは、便秘改善におすすめの食材。ビタミンB2も豊富なので、吹き出物や口内炎の予防効果も期待できます。加熱することで旨味成分が増加するため、お鍋に入れても美味しいんです。

秋冬はお肌も乾燥しやすい季節。ぜひ簡単に作れる豆乳鍋で美肌をキープしてくださいね。


Beautyfood.labo

管理栄養士として長年の実績を持つ朝倉隆がレシピを考案。美肌や美容に効果的なレシピや、食べ方などの情報を発信。簡単で誰でも作れることと、女性の“キレイ”を応援したいという思いから活動を続けている。