春の肌荒れ予防におすすめレシピ!のりとレタスの炒め物で美肌をキープ

フード 2018.03.06

春の肌荒れには海藻がおすすめ!

のりとレタスの炒め物

春は気温の変化や、花粉、PM2.5などの刺激物、さらに紫外線などにより、肌トラブルが起こりやすい季節。そんなトラブルを解消して美肌をキープするには、体の中からのケアも大切です。

そこでおすすめしたいのが、のりに含まれている栄養素。のりにはたんぱく質、ビタミンA、B1、B2、C、鉄分、カルシウム、食物繊維、ヨウ素など、非常に良質なたんぱく質が含まれていて、重さの30~40%を占めます。大豆に匹敵するぐらいのたんぱく食品と言われています。

今回はのりを使った簡単レシピをご紹介します♪

のりとレタスの炒め物のレシピ

のりとお箸

<材料>

レタス、のり、ごま、醤油、塩、ごま油

<レシピ>

①レタスを食べやすい大きさに切る。
②レタスをごま油で炒めて、醤油、塩を入れる。
③のりとごまを入れて、混ぜたら出来上がり。
レタスもたくさん食べられるので食物繊維がたっぷり摂れて、便秘解消の効果も期待できます!

火を通して野菜をたっぷり摂って!

のりには良質なたんぱく質が含まれているほか、たんぱく質を構成する成分であるアミノ酸の中でも、旨味成分のグルタミン酸が多く含まれています。グルタミン酸を始めとするアミノ酸は、皮膚に存在する天然保湿成分の40%を占めているので、アミノ酸が不足すると肌荒れを起こしやすくなるんです。
また皮膚を保護し、免疫力を高めるビタミンA、美白効果が期待できるビタミンCも多く含んでいます。

そんな女性に嬉しい美肌効果が期待できるのりは、火を通した生野菜と一緒に摂るのがおすすめなんです。葉物の野菜は、火を通すことでしんなりして、生よりたくさん食べることができます。
生野菜のシャキシャキ感も美味しいのですが、よりたくさん摂りたいなら、炒めたり蒸したりすると手軽にたくさん食べられますよ。今回のレシピは醤油とごま油で味付けしてあるので、ご飯のお供にも、お酒のおつまみにもぴったり!

のりは手軽に手に入るのでぜひ試してみてくださいね。


Beautyfood.labo

管理栄養士として長年の実績を持つ朝倉隆がレシピを考案。美肌や美容に効果的なレシピや、食べ方などの情報を発信。簡単で誰でも作れることと、女性の“キレイ”を応援したいという思いから活動を続けている。