夏旬フルーツを使った手作りデコレーションケーキの楽しみ方

フード 2017.07.12

ふわふわジェノワーズに盛りつけたい!夏にぴったりの果物って?

fruits mootto

ケーキを手作りしたい、飾るフルーツは何にする?
王道はイチゴ。でもイチゴをはじめ、果物は出回る季節が限られています。せっかくなら旬のもので美味しいくデコレーションしたい!
だけど、その主役である果物選びって実は難しい。

そこで今日は今の時期に取り扱いやすい果物と、見た目を華やかにするデコレーション方法をお伝えします!

スポンジケーキの豆知識

スポンジケーキ もっと

ふわふわのスポンジケーキ。実は2種類あります。
卵を卵白と卵黄を別に泡立てて(別立て)作られたスポンジ生地は「ビスキュイ」です。主にシロップを染み込ませてケーキのパーツに使われます。
一方、卵黄と卵白を一緒に泡立て(共立て)たスポンジ生地は「ジェノワーズ」。
ジェノワーズの方がしっとりしています。
日本で一般的にスポンジケーキと言われているものはしっとりふわふわなジェノワーズです。

ケーキをデコレーションしたい!夏のフルーツは取り扱い注意?

夏の果物としては、スイカやメロン、ぶどう、桃、サクランボなどが旬を迎えます。
スイカ、メロン、桃は丸ごとでは大きいので、盛り付けにはカットしますよね。でも、水分が多かったり黄変してしまったりと飾りとして保存するのに難しい果物でもあります。

フルーツを引き立てるデコレーション方法のポイント

mootto - fruit cake

お店では、ケーキの上に乗せるフルーツにはナパージュと言われる薄がけゼリーのようなものでコーティングをします。
これはフルーツの水分保持と変色防止のためです。
ナパージュがあるほうがフルーツがツヤツヤに見え、干からびたり余分な水分がケーキににじみ出たりするのを防ぎ、ケーキを美しく保てるのです。
ケーキを美しい状態で保つのにはとても有効です。
一方、フルーツ本来の質感や香りがやや薄れるという反面もあります。
作りたてを食べる手作りケーキでは食べる直前にフレッシュなままのフルーツを飾るほうが贅沢なのかもしれませんね。

フレッシュフルーツをデコレーションしたケーキは絶品♪

fruits cake mootto

自分で作ると余計なものは一切入っていないし出来立てを食べられるのがいいですよね。

今回のぶどうのデコレーションケーキのぶどうは皮も食べられるタネ無しのものを使いました。
タネや皮も気にせず食べられるのでオススメです。

フォレノワール(=黒い森)さくらんぼのチョコレートケーキは、本来はグリオットチェリーのシロップ漬けを使いますが、今回はフレッシュなチェリーを使いました。
さっぱりした甘さ控えめで爽やかなケーキに仕上がり、今の時期にもぴったりです。

ぜひお試し下さい。


まつむら ようこ

大学卒業後、OLの傍ら数々の洋菓子教室に通う。
30歳を目前に好きなお菓子の世界に近づきたいと製菓材料メーカーへ転職後、大手洋菓子メーカーの商品企画部門にて商品開発を経験。
結婚を機に退職し、育児の傍ら「お菓子教室タルトママンお菓子教室」を主宰。小学生の2児の母。