たった2分でホームカラーの持ちがよくなるプロ技!

ビューティ 2017.07.05

時間がない時の便利アイテム、ヘアカラー剤!

セルフカラーのプロ技を使って髪を綺麗に染めた女性

美容室へ行く時間がないけど、カラーリングが気になって仕方がない…なんてことありませんか?
そんな場合は、ドラッグストアなどで購入できるヘアカラー剤がお手軽で便利ですよね。

でも、美容室みたいに綺麗に染まるの?そんな人におすすめしたい、自宅でのセルフカラーを綺麗にする方法をご紹介します。

美容師と自宅でのヘアカラーは何が違う?

セルフヘアカラーのプロ技の違い

実は、美容室でのカラーとホームカラーは、使う製品的にはあまり違いはありません!
美容室で使うものも市販で売られているものも、ほとんど同じメーカーから作られているんです。
では、仕上がりがなんでそんなに違うのかというと、カラーの塗り方や塗り分け、塗布量が重大なのです。これを総じて技術というのでしょう。

もちろん美容室でプロにヘアカラーしてもらった方がキレイに染まりますが、美容室のヘアカラーに近づけるためのコツがあるんです。

たった2分のひと手間で、ホームカラーが変わる!

カラー剤をつけてシャンプーで流す前に、水かお湯を少しだけつけて髪を2分くらいモミモミします。これは乳化という技術ですが、これをするだけでカラーの色持ちは格段によくなります♪
優しくシャンプーするような感じでしてくださいね。強くすると髪が傷む原因になってしまうので注意してください。

このたった2分のひと手間で、自宅でのヘアカラーが変わりますよ!
ぜひ試してみてくださいね。


古根川一弥

美容室scene complex(シーンコンプレックス)店長。サロンワークのかたわら、「美容師がもっと使いやすいもの、お客様の髪の負担を減らすもの」を追求して、独自に研究・検証を重ねるカラーの達人。ヘアカラーやパーマ剤、オリジナルのハケなどの開発、国内外での講習会など幅広く活躍する技術者。