朝気づいたクマもキレイに隠せる♪肌トラブル緊急対策メイク術

ビューティ 2017.10.24

肌トラブルの緊急対策!プロも使うメイクテク

肌トラブル対策メイク

疲れがそのまま肌トラブルにつながることってありませんか?
ストレスや寝不足などによる疲れが残っていて、朝メイクをしようとすると目の下にクマが!…なんてことも。

もちろん根本的な生活改善をすることも大事ですが、お出かけ前にそんなこと言ってはいられません。
そんな、急にできた肌トラブルを改善する、プロも使っているメイク方法をご紹介します。

目の下のクマの対処法!クマにもタイプがあった?!

肌トラブル対策メイク_作り方

肌トラブルで1番多いのは目の下のクマ!
目って、実は寝ている間も動いていて、常に使い続けている場所です。それは疲れますよね!

そんな目の下のクマにも大まかに分けて3つタイプがあります。

タイプ① 青グマ

原因は主に血行不良、冷え、ホルモンバランスの乱れ、生活習慣、目の疲れが原因だったり、生まれつきの方もいます。

デスクワークのお仕事をされている方は、パソコンを見過ぎて目の周りの血流が悪くなってしまうため、青グマに悩まされることもあるんです!

そんな青グマに使うのはオレンジ色のコンシーラー!

血行不良が原因なので、アイクリームをつけながら、指先で軽くタッピングをしてあげたり、メイク前にホットタオルと冷タオルを交互に当てたりするのもオススメです。

タイプ② 茶グマ

原因は色素沈着が主です。

乾燥による痒みで目をこすってしまったり、アトピー性皮膚炎でかいてしまったり、落としきれていないメイク汚れをゴシゴシこすってしまったり。

目の下の皮膚はとても薄いんです。頬の皮膚が段ボールの厚さだとしたら、目の下はティッシュ1枚分くらい。それだけ薄い場所をこすってしまうと色素沈着しやすくなってしまいます。

そんな茶グマのカバーにはイエロー系のコンシーラー!

タイプ③ 黒グマ

加齢によるたるみやコラーゲン不足が原因で、目の下に凹みができてしまうことが多いです。この場合はメイクでのカバーが難しいことが多いのですが、色でカバーする場合はベージュ系オークル系のコンシーラーを使うと良いと思います。

コンシーラーの選び方

カバーすることに集中して、「とにかくカバー力を」とコンシーラーを選んで失敗することはありませんか?

何度もお伝えしますが、目の下は頬の皮膚が段ボールの厚さだとしたら、ティッシュ1枚分くらいの薄さです。そこへスティックタイプや硬いコンシーラーなどでしっかり塗ってしまうと、色だけでなくコンシーラー自体も浮いてきてしまいます。

目の下にオススメのコンシーラーは、先が筆タイプになっていてリキッド状の物。ハイブランド系などからも出ています!

そしてつけ方ですが、ついベタベタつけてしまいがちですが、薄くつけることがポイント!
目の下にポンポンと点を描くようにつけて、指先で軽くタッピングしながらつけていくと血行も良くなりますので一石二鳥!

あくまで軽く、です。ここで擦ってグリグリつけてしまうと色素沈着の原因にもなりますので注意が必要です。

いろんな肌トラブルに対応できる!コンシーラーの選び方

肌トラブル対策メイク_女性

今回は目の下のコンシーラーのカラー使いを書かせて頂きましたが、お顔のトラブルで多いニキビや吹き出物、赤みがあるタイプの吹き出物にも黄色いコンシーラーやメイクベースがオススメです。

吹き出物のカバーは少しはみ出し気味に乗せたら、周りだけ手でぼかして、ルースパウダーを擦らずトントンと押さえる感じで乗せると崩れにくくなります。
場所や大きさにもよりますが、ニキビであれば硬めのスティックコンシーラーでも大丈夫です。

赤みがあるトラブルには緑と言われていますが、自然にカバーしたい場合は実はイエロー系がオススメです!

コンシーラー使い方のポイント!

皮膚の薄い場所、目の周りなどはリキッドタイプの滑らかな物、色味のあるニキビなどのカバーは硬めのコンシーラーなどがおすすめ!

クレーターニキビの方は正直メイクでのカバーは難しいため、ほかの部位にポイントをおくと良いです。

泣いた翌日の目にイイ?!目元をすっきりさせるパックとは?

余談ですが、泣きはらした次の日の目元で困った経験はありませんか?
そんな時は紅茶のティーパックで目元をパックすると、翌朝も目元スッキリです!

たまに泣くことでストレス発散にもなるので、感動ものの映画などを観たあとなどには紅茶パックも試してみてくださいね!


MICO

NY Make-up ACADEMY卒業後、ビューティアドバイザーやメイク講師を経てフリーランスに。フォトコンテストではロレアル賞を受賞するなど、海外からも注目されるメイクアップアーティスト。独自に考案した、日本人に似合う外国人風の小顔メイク“コントゥアメイク”を得意とし、ProBraidersAcademyメイククラスディレクター講師、各地でメイクレッスンを行うなど多方面で活躍中。