着物や浴衣を美しく魅せる♪着物に似合うメイクの作り方3つのポイント

ビューティ 2017.07.28

着物に似合う“和装メイク”で美しく♪

着物に似合う和装メイクの作り方

夏のお出かけに、浴衣を着る機会も増えてきますよね。

でも、着物や浴衣にいつもと同じメイクでは、ちょっと合わない…なんて思ったことはありませんか?

和装するなら似合うメイクがあるんです♪
ちょっとメイクを変えるだけで、着物がもっと美しく魅せるメイク術をご紹介します☆

マットに仕上げのベースメイクが和装メイクの基本!

着物に似合う和装メイクのベースメイク

和装に似合うベースは2種類あります。

着物におすすめなのは、ツヤがなく凹凸がないマット肌。
浴衣におすすめなのは、自然なツヤ感のあるセミマット肌。

着物は重厚感があるため、ベースもそれに合わせたマット肌がおすすめ。
いつもよりもワントーン明るめの色を使って、濃く重厚感のあるベースにして、陶器や日本人形のような美しさを出しましょう。
マット肌には、ポイントメイクが映える効果も♪

浴衣におすすめなセミマット肌は、マット肌より少しツヤ感をプラスして。

着物には、しっかり眉&目力アップのアイメイク!

着物に似合う和装メイクのアイメイク

昔の着物メイクの名残りから、眉は短めに、いつもより濃く太く描くのがポイント。

合わせて眉に負けず、アイメイクも目力を出します。
アイライナーはブラックでしっかり引きます。
マスカラもブラックでたっぷりと根元からつけます。

着物や帯の柄に入っている色を、アイシャドウやマスカラに取り入れてもOK!
下目尻だけに赤のマスカラをつけたり、下まぶたにグリーンのシャドウをつけたり、さりげなく入れるとオシャレに決まります♪
アイシャドウはシンプルにして、カラーのアイラインを入れるのもおすすめです。

リップ&チークは着物の色に合わせて♪

着物に似合う和装メイクのリップ

リップもマットにするのがおすすめです。
リップライナーで輪郭を取り、着物に合わせて華やかなものなら濃い色、おとなしめのものなら薄めの色を乗せます。

チークは、目尻側からこめかみに向かって楕円形に入れます。
上の方に乗せるのがポイント!さらに目力がアップします。

和装の際にはぜひ、お顔が映えるよう着物メイクにチャレンジして下さいね!


堀田 久美子

株式会社blanche(ブランシュ)代表取締役社長、総合プロデューサー。眉美師、メイクアップアーティスト。
自分の眉へのコンプレックスからメイクの研究を始めたのがきっかけ。“艶”のあるメイクを得意とし、プライベートサロン“BLANCHE”では「コンプレックスを好きに変えたい!」と幅広い年齢層の女性のメイクレッスンなどをしながら、セミナー講師、イベントのヘアメイク、コスメのプロデュース、眉美師コラムでの情報発信など、多方面で活躍中。