アラフォーメイクに♪立体感&小顔効果UPのファンデーションの塗り方

ビューティ 2018.08.30

ファンデーション、ちゃんと塗れてる?

アラフォーのファンデの塗り方

シミやそばかす、目のしたのクマ…アラフォーになると、お肌のお悩みを抱える女性は増えてきます。気になる部分をカバーして、キレイなお肌に魅せてくれるファンデーションの存在は欠かせませんよね。
でも、ファンデーションはただ塗ればいいというわけではありません!せっかく塗っても、厚塗りになってしまったり、のっぺりと見えてしまったりすると残念な印象になりかねません。
今回は、アラフォーメイクにぴったりの、お顔を立体的に魅せるファンデーションの塗り方をご紹介します。

立体感を出して小顔効果もUP♪ファンデーションの塗り方

メイク道具イラスト

下地の塗り方

★コイン大くらいの下地クリームを手に取り、顔の中心が一番濃くなるように、手のひら全体を使って広げる。
★鼻の周りや目の下、まぶたの上など、細かい部分は指を使って丁寧に塗る。

パウダーファンデーションの塗り方

★顔の中心から外側に向かって広げる。
★パフまたはブラシを使用。
パフ1/3にファンデーションをとり、内から外に向かって伸ばすように塗っていく。
細かい目元や口元はパフを半分に折り、薄く細かく塗っていく。

ブラシの場合は内から外に向かってクルクルと回すように全体に軽くつける。

リキッドファンデーションの塗り方

★指またはブラシを使用。
指で乗せる場合は、中指と薬指にファンデーションを取り、内から外に向かって伸ばしていく。
目元や口元は薄く塗る。
最後に清潔なスポンジで軽く押さえて仕上げる。

ブラシの場合は、手の甲に取ったファンデーションをブラシに取り、内から外に向かって伸ばしていく。
目元や口元のヨレやすいところは薄く塗る。

★仕上げにフェイスパウダーをブラシまたはパフで軽く塗ると、さらっとした仕上がりになり、持ちがよくなる。

ファンデーションのポイント!

下地クリームやファンデーションは、顔の中心が一番濃く、外側に向かって薄くなるように塗るのがポイント!こうすることでお顔に立体感が出て、小顔効果もUP♪
全体を同じ厚さで塗ってしまうと厚塗り感が出てしまったり、のっぺりした印象になってしまうこともあるので注意してくださいね。

立体感&小顔効果をさらにUPするコツ

アラフォーのファンデの塗り方‗小顔になった女性

フェイスラインにファンデーションより少し濃いめのシェーディングを入れると、立体感や小顔効果が期待できます。さらに鼻筋にハイライトをプラスすれば、メリハリのある華やかな印象に♪

厚塗り感のないナチュラルメイクで、しっかり気になる部分もカバー!立体感を出してもっとキレイなアラフォーメイクでお出かけしてみてくださいね。


楠原早耶香

フリーメイクアップアーティスト。JMAメイクアップ技術検定 2級、絹美容認定サロンエステティシャン。

19歳でメイクの資格を取得後、メイクサロンにて勤務。様々な職種での経験を生かしさまざまな女性の悩みをメイクで解決したいという思いが強くなる。現在はフリーで活動しながら、イベントなど幅広く活動中。
メイクで美しくなり 外見にも内面にも自信を持ち 輝いてほしい。自分を美しくすることを楽しみ いつまでも若々しく 笑顔が輝く素敵な女性でいてほしい。たくさんの女性の“なりたい”を実現するお手伝いをしたいという思いから活動の場を広げている。