マイナス5歳肌になれる?!“コントゥアメイク”ってどんなメイク?

ビューティ 2018.04.20

コントゥアメイクでナチュラルメイクで実現!

マイナス5歳肌になれる“コントゥアメイク”1

コントゥアメイクというメイク法を知っていますか?個人レッスンでも、コントゥアメイクを知りたいという方が増えてきました。とはいえ、まだまだ濃いメイクというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

ナチュラルメイクと聞くと、どうしても薄いメイクを想像する方もいるかと思いますが、ただ薄いだけのナチュラルメイクだけど「シミやしわをカバーしたい」「小顔に見せたい」と言われると、もはやナチュラルメイクではなくなってしまいます。

私が思うナチュラルメイクとは「お肌もアイメイクもしっかりしているけど、なんだかナチュラル」なんです。

小顔に魅せる♪ベースの作り方

マイナス5歳肌になれる“コントゥアメイク”2

以前のコラムでも書かせて頂きましたが、コントゥアは骨格を強調していくメイクです。
これからのナチュラルメイクには、コントゥアを入れてもアイシャドウや眉毛に力を入れ過ぎず、自然な陰影を出すメイクが使えるのではないかなと思います。

そこで重要になるのがベース作り。
ベースとなるファンデーションを薄くつけたら、以下の4つのポイントに暗い色を乗せます。
・チークの位置より少し下げた位置
・顎のフェイスライン
・おでこ(狭い方は入れない)。
・鼻筋

そして、写真のように明るい色を乗せたら、ビューティブレンダーまたはブラシでなじませます。

リフトアップ効果も♪マイナス5歳肌のメイク法

マイナス5歳肌になれる“コントゥアメイク”3

実はこのメイク方法は、リフトアップしたい時にもおすすめ!
暗いカラーは使わず、明るい色だけでも充分リフトアップ効果は出ますので、チャレンジして頂きたい技術です。

リフトアップメイクは簡単です。明るいコンシーラーでコントゥアの明るい部分を描いてボカすだけでマイナス5歳肌に♪

コントゥアメイクは年齢問わずに使えるメイク方法なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!


MICO

NY Make-up ACADEMY卒業後、ビューティアドバイザーやメイク講師を経てフリーランスに。フォトコンテストではロレアル賞を受賞するなど、海外からも注目されるメイクアップアーティスト。独自に考案した、日本人に似合う外国人風の小顔メイク“コントゥアメイク”を得意とし、ProBraidersAcademyメイククラスディレクター講師、各地でメイクレッスンを行うなど多方面で活躍中。