小顔効果がUPのコントゥアメイクはアラフォー女性におすすめ♪

ビューティ 2018.01.12

海外女優みたいなハーフ顔になれる“コントゥアメイク”って?

コントゥアメイクで小顔効果

海外女優がこぞってやっている“コントゥアメイク”って知っていますか?
最近では日本でも注目を浴びているメイク技術なんです。

ではコントゥアって何かというと…
contour(輪郭)という意味があり、日本で言うハイライトとシェーディングのようなものです。

ですが日本のシェーディングは、パウダータイプのブロンザー(肌をブロンズ色に見せるためのもの)などでふんわり乗せることが多いです。

パウダータイプのブロンザーでは印象も柔らかく仕上がりますが、パウダータイプでは崩れやすく、夕方には結局のっぺりとした単色のファンデーションになってしまうことも。またお化粧直しにポーチの中にブロンザーを入れていると、どんどん荷物も増えちゃいます。

じゃあ何でつけるかと言うと、スティックタイプのファンデーションやコンシーラーなどを使用します。スティックタイプはしっかりとつくのでベースメイクから作れて崩れにくいのが特徴です。

日本でも何社かは取り扱いがあります。

スティックタイプだと乾燥しそうという声もありますが、メーカーによっては保湿が高いものもあるのでご安心ください!

ちなみに乾燥はスキンケアの段階やベースを保湿の高い物にして頂ければ、ファンデーションが硬い物でも崩れにくくなります。

自分の肌色に合わせたカラー選びのポイント!

コントゥアメイクで小顔効果2

どんな色を使えばいいのかというと、大体肌の色の2~3トーンほど暗い色と、2~3トーン明るい色のスティックファンデーションがあると良いですね。

お客様から頂く質問で多いのが「自分の肌色が分からない」という声です。

簡単!自分の肌色の選び方

手のひらを自分側に向けた時にグーッと握り、パッと開いた時に一瞬ピンクかイエローかのどちらかが見えるので、そこでピンク系かイエロー系かで統一するのがオススメです。

アイシャドウやリップを選ぶ時もこの手の色をベースにして、ブラウンでも黄系か赤系かをチョイスすると失敗しないです。

また顔に赤みが多い方はイエロー(オークル系)のファンデーションを選ぶとカバーもできます。

分かりづらい場合は手首の色をチョイス!

分かりづらい方は、手首の色に近い色味をチョイスするのもオススメ。手首の色は日焼けをしにくい場所なので、本来の肌色に近いと言われているからです。

また首と手の色がまったく違う場合は、首の色に合わせて頂くとキレイです。

ナチュラルなのに小顔になる♪コントゥアメイクのやり方

コントゥアメイクのやり方

①まず自分の肌色に合わせたファンデーションを薄くつけます。塗り方は中央から外側に。鼻周り目周りは薄めにつけます。

②写真のように濃い色と明るい色を乗せます。
鼻筋は白をスッとまっすぐ伸ばし、鼻先は丸めにつけます。

おでこが狭い方は濃い色はあまりつけず、逆にフェイスラインをしっかりつけます。
面長の方はアゴ先にも暗い色をつけます。

③ビューティーブレンダー又はスポンジを水につけよく絞ってから、明るい色を中央から外側へぼかし次に暗い色をぼかして明るい色となじませます。ある程度色がパキッと出てもお粉を乗せると馴染むので、そのまま最後にルースパウダーを擦らず置くようにポンポンとつけておさえます。

④仕上げでさらにパウダータイプのブロンザーなどで暗い場所へシェーディングを入れると、より骨格が強調されて、小顔で立体感のあるハーフ顔が完成します!

アイメイクを自然に仕上げたらナチュラルなのに小顔メイクも作れます。
ナチュラルに仕上げたい場合は、暗い色は1~2トーン暗い色だと自然に仕上がります。

コントゥアメイクで小顔メイクにチャレンジしてみてくださいね!


MICO

NY Make-up ACADEMY卒業後、ビューティアドバイザーやメイク講師を経てフリーランスに。フォトコンテストではロレアル賞を受賞するなど、海外からも注目されるメイクアップアーティスト。独自に考案した、日本人に似合う外国人風の小顔メイク“コントゥアメイク”を得意とし、ProBraidersAcademyメイククラスディレクター講師、各地でメイクレッスンを行うなど多方面で活躍中。