ファンデーションの塗り方で変わる!1日中メイク崩れしないプロ技

ビューティ 2018.05.02

メイクがキレイに長持ちする裏ワザがある?!

崩れないファンデーションの使い方

4月に入って少し汗ばむくらいの日もありますね。
どうやったらお化粧崩れしないかという質問が増える季節です。

手軽なアイテムとしてパウダーファンデーションを使う方も多いと思いますが、実はパウダーファンデーションをつける時にひと手間加えるだけで、メイクの仕上がりや化粧崩れを防いでくれる裏ワザがあるんです♪

いつものメイクにプロ技をプラスしてみて!

崩れないファンデの使い方3

ファンデーションの手順として多いのが、
◆ベース→コンシーラー→パウダーファンデーション
だと思います。この順序でもいいのですが、ムラになってしまう場合もあります。

そこでおすすめなのが、こちらの手順!
◆ベース→コンシーラー→ルースパウダー→パウダーファンデーション
間にルースパウダーを使うことでコンシーラーをしっかり抑え、パウダーファンデーションをムラなくつけ、崩れも防いでくれるのです。
ルースパウダーは薄めにつけるのがポイント!

アイメイク崩れも抑える方法って?

崩れないファンデーションの

化粧崩れで多いお悩みの中にアイメイクがあります。
アイライナーやマスカラが落ちて、パンダ目になっちゃった!なんて経験はありませんか?
そこでもおすすめなのが“パウダー”なんです。

例えばペンシルアイライナーをつける際はアイライナーを引いた後に同じカラーのアイシャドウを上から重ねるだけで、ウォータープルーフじゃないアイライナーでも持ちが良くなります。

リキッドアイライナーやマスカラが崩れやすい方は、色が落ちてパンダ目になってしまう箇所にお粉が足りていないのが原因!崩れる前にその箇所にルースパウダーをつけてみてください。崩れにくくなりますよ♪

実はすごく簡単な方法でメイク崩れは防げるので、これから夏に向かうシーズンには、ぜひ試してみてくださいね。


MICO

NY Make-up ACADEMY卒業後、ビューティアドバイザーやメイク講師を経てフリーランスに。フォトコンテストではロレアル賞を受賞するなど、海外からも注目されるメイクアップアーティスト。独自に考案した、日本人に似合う外国人風の小顔メイク“コントゥアメイク”を得意とし、ProBraidersAcademyメイククラスディレクター講師、各地でメイクレッスンを行うなど多方面で活躍中。