韓国人と日本人の髪質は違う?韓国人にストレートの黒髪が多い理由

ビューティ 2017.06.08

韓国人の髪質は日本人よりパーマもカラーもかかりにくい?!

日本人と韓国人では髪質が違う,korean,japanese,hairquality,blackhair

お隣の国、韓国。旅行先としても人気が高く、日本に住む韓国人も多いため、とても身近な存在ですよね。
でも、近いからと言っても髪質も似ているとは限らないんです。

韓国でのパーマとカラーリングの技術講習の際に、普通にかかると思っていたパーマがかからない、普通に染まると思っていたカラーに染まらない…そんな日本人と韓国人の髪質の違いに気づきました。

韓国人にストレートヘア&黒髪が多い理由とは

韓国人と日本人の髪質は違い

韓国人の髪質には、こんな4つの大きな特徴があります。
・細い
・柔らかい
・芯がしっかりしている
・直毛
日本人にもこういう髪質の方はいますが、こういう方は
・カラーをしてもあまり明るくならない
・パーマがちょっとかかりにくい
・パーマの持ちが悪い
といった特徴が見られます。
しかし韓国の方は同じような日本人の髪質の方よりもっと明るくなりにくく、パーマがかかりにくく、なおかつ取れやすいのです。同じような髪質の方でも、日本人は韓国の方よりもう少しクセがあります。
韓国人の女性にストレートの黒髪の人が多い理由が分かりますね。

髪から見る韓国人と日本人の違い

では、なぜ日本人と韓国人の髪質は違うのでしょうか。
水や食べているものが違うから?それも関係はありますが、実はもっと深いところに理由はあると思います。

髪の中は「コルテックス」というものがあります。
「コルテックス」には、「オルトコルテックス」という柔らかく水分を吸いやすいコルテックスと、硬くて水分を比較的吸いにくい「バラコルテックス」があります。
オルトコルテックスが多いとクセ毛になりやすく、バラコルテックスが多いと直毛になりやすいと言われています。
日本人はバラが多くオルトが少ないのですが、韓国の方は日本人以上にオルトが少ないのかもしれません。
これを本当の意味で解明するには、学術的に光学顕微鏡で観察するしか方法はありません。

ではなぜ日本人と韓国の方とは、見た目はよく似ているのに違うのでしょうか?…というところはまた次回にご紹介します。


古根川一弥

美容室scene complex(シーンコンプレックス)店長。サロンワークのかたわら、「美容師がもっと使いやすいもの、お客様の髪の負担を減らすもの」を追求して、独自に研究・検証を重ねるカラーの達人。ヘアカラーやパーマ剤、オリジナルのハケなどの開発、国内外での講習会など幅広く活躍する技術者。