冬の乾燥した手に潤いを♪プロおすすめのハンドケア方法はコレ!

ビューティ 2018.01.15

手を使う冬だからこそ、特別なハンドケアを心掛けて!

冬でもキレイな女性の手

寒さが一段と厳しい季節が到来しましたね。冬の乾燥から、手がカサカサになっていませんか?
乾燥する冬だって、潤いのあるキレイな手でいたいものですね。ネイルサロンでハンドケアしていただくのは、心の潤いにもつながりますよ。
手は人の目に触れる機会の多い箇所です。手を見たら、その方の生活習慣も分かります。
手も心も潤いのある日々を 過ごすための、おすすめハンドケア方法をご紹介します。

サロンでできるハンドケア♪

ハンドケア方法

手の保湿におすすめなのが、パラフィンパックというケア方法。
パラフィンパックは、専用のパラフィン(ロウソクのロウ)に手や足を浸してパックし、お肌をなめらかにしていく美容法なんです。

手の保湿以外にも、ひび割れやあかぎれ、しもやけにも効果があるといわれています。血行循環を良くして体の末端を温める効果が期待できて、体の健康にもつながりますよ。
パラフィンパックをメニューに取り入れているネイルサロンもあるので、探してみてください。

自宅でするなら身近なアイテムでハンドケアを

ハンドケアでキレイな女性の手

ネイルサロンに行けない方は、寝る前にワセリンをハンドクリームのように塗り、布の手袋をはめて寝てみてください。朝には、しっとり潤いのある手に♪

ワセリンは薬局で低価格のものが買えますし、布の手袋がない場合は、軍手で代用してもいいですよ。身近なものでもハンドケアすることはできるんです。

手にとって、一番のダメージは洗剤です。
水仕事をする時にはゴム手袋をはめて、直接洗剤に触れないようにすることもハンドケアには大切です。


宮子信子

(株)ネイルMIYAKO代表取締役、日本ネイリスト協会常任本部認定講師。
スカルプチュアを得意とし、シンプルなフレンチから繊細なアートまで、幅広くこなせる高い技術を持つ。1998年JNAネイルフェスティバル大阪スチューデント部門ネイルケア優勝など受賞歴多数。ネイルイベントでのデモや専門学校講師なども担当。サロンワークの傍ら自身のネイルスクールでの人材育成にも力を入れている。