春夏のお出かけはピンクメイクで“大人かわいい”を作る♪

ビューティ 2017.05.24

パステルピンクがオトナ女性をかわいく魅せる♪

オトナかわいいを作るピンクメイクの方法

春のお出かけに合わせたいパステルメイク。
でもアラフォーにもなって、パステルカラーを入れるのはちょっと…と思うなかれ。
大人女性こそ、パステルピンクが似合うんです。

今回は大人女性におすすめのピンクを使ったメイク方法をご紹介します。

ピンクは顔が腫れぼったく見えるのでは…という方もいるかもしれませんが、そんな方は、クリームシャドウのブラウンを先にまぶたに乗せてください。
その上からブラシでふんわりピンクを乗せることで、腫れぼったさは解消できます。

では、ピンクを取り入れるポイントを、パーツごとにご紹介していきます。

【パーツ別】ピンクメイクの取り入れ方

オトナかわいいを作るピンクのコスメ

●ベースメイク
ピンク下地を使用。
ファンデーションはスポンジでポンポン乗せます。
フェイスパウダーもピンクを使って、ブラシでふんわりと仕上げます。

●眉メイク
ブラウンペンシルで眉の形を整え、上にピンクシャドウをふんわり乗せてふんわりピンクな眉に。

●アイシャドウ
ホワイトのシャドウをベースにピンクのシャドウをブラシで乗せ、ブラウンペンシルでラインをしっかり引きます。

マスカラはブラウンで仕上げます。

●チーク
スポンジで血色感が出るように、少しずつ叩き込みます。

●リップ
ピンクリップを指で叩き込み、透明グロスを乗せます。

これで、ピンク桜メイクの完成!

ピンクを重ねて個性をプラス!春を楽しむ大人メイク

オトナかわいいピンクメイクをした女性

さらに個性を出したい方は、ピンクのアイライナーやピンクのマスカラを使うことをおすすめします。

ファッションやヘアカラーだけでなく、メイクもほんのりピンクを取り入れると、トータルで春の印象に♪
ピンクメイクは大人なかわいさを演出してくれるので、お花見はもちろん、春のお出かけにおすすめですよ。
ぜひ取り入れてみてくださいね。


堀田 久美子

株式会社blanche(ブランシュ)代表取締役社長、総合プロデューサー。眉美師、メイクアップアーティスト。
自分の眉へのコンプレックスからメイクの研究を始めたのがきっかけ。“艶”のあるメイクを得意とし、プライベートサロン“BLANCHE”では「コンプレックスを好きに変えたい!」と幅広い年齢層の女性のメイクレッスンなどをしながら、セミナー講師、イベントのヘアメイク、コスメのプロデュース、眉美師コラムでの情報発信など、多方面で活躍中。