爪のコンプレックスを解消♪自爪から整えるアクリルスカルプって?

ビューティ 2017.08.17

爪の形をキレイに整える方法がある?!

アクリルで爪のリペア

「もっとキレイな爪だったら、指や手がキレイに見えるのに」
「爪がキレイじゃないからネイルなんてできない」
なんて、爪にコンプレックスを感じていませんか?

爪の形や生え方など、爪の形は人それぞれ。
それぞれの爪のお悩みに合わせたネイルの技術があるんです。

爪のお悩みに合わせたアクリルスカルプの技術

アクリルで爪のリペアをした女性の手元

平面的に見える 爪は、アクリルパウダーで爪を造形することができます。
2ヶ月~4ヶ月ほどアクリルを乗せて、キレイな形の爪を育成することができます。

そして、爪のリペアは、ナチュラルネイル(自爪)にアクリルパウダーを乗せて、爪を矯正する方法があります。
サイドラインに、爪が筒の形になるように圧をかけます。
パウダーが硬化するタイミングで圧を加えます。痛みを伴うものではありません。
自爪も一緒に矯正され、新しく伸びてくる爪もキレイな形で伸びてきます。
爪を噛む癖のある方にも、アクリルは効果的ですね。爪を長く見せることで、爪を噛む習慣を減らすことができますよ。

それを何回か繰り返して、爪を修理(リペア)をしていくことで、自爪からキレイな形にしていくことができます。

高い技術のネイルサロンで施術を!

アクリルで爪のリペア_キレイなネイルの手

爪のリペアなどを希望する場合は、技術の高いサロンやネイルアーティストさんを選んでください。
アクリルをしているサロンを探して、爪の矯正ができるかを事前にお問い合わせすることをおすすめします。

アクリルは爪をキレイに見せてくれて、自爪の形も矯正できる、優れた技術です。
指先がキレイになると気分も明るくなるものです。爪にコンプレックスのある方は、ぜひ体験してみてくださいね。


宮子信子

(株)ネイルMIYAKO代表取締役、日本ネイリスト協会常任本部認定講師。
スカルプチュアを得意とし、シンプルなフレンチから繊細なアートまで、幅広くこなせる高い技術を持つ。1998年JNAネイルフェスティバル大阪スチューデント部門ネイルケア優勝など受賞歴多数。ネイルイベントでのデモや専門学校講師なども担当。サロンワークの傍ら自身のネイルスクールでの人材育成にも力を入れている。